×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

あし汗の原因

 

あし汗の原因は、精神面での作用が強いのですがそのほかにエクリン線の汗の放置も原因の1つです。エクリン線の汗は、ほとんど臭いが有りませんが、これを放置する事で臭いが発生してしまいます。

 

 

靴下を履いて蒸れた状態を放置すると雑菌の繁殖環境が整います。つまり、温度が高く湿気がこもってしまうのが良く無いのです。そのためには、出来るだけあしを清潔に保つ事が必要です。

 

 

あし汗の主な原因は以下の通りですので参考にしてください。

 

 

あしを不潔のままにして放置している

あしの間や爪に雑菌がたまりやすいため放置は良く有りません。

 

同じ靴を履きつづけている

特に毎日はきつづけると靴の中が湿った状態になるため雑菌が繁殖します。

 

脂分過多の食事

脂質の分泌が多くなるため、汗をかく原因なり、不潔のまま放置しておくと  悪臭の原因と成ります。

 

ストレス

精神性の発汗、つまりストレスによる発汗はあしの臭いを強くするようです。

 

 

あしの汗は神経の作用が原因となり、興奮や緊張、疲労などによって汗がでるようです。特にあしは汗腺が多いようです。あし汗にはアポクリン性とエクリン性のがあり、これと皮脂腺からの分泌物が混ざる事で、臭いはさらに強くなります。靴下や靴を履くために、温度が高く湿気もこもるため、雑菌が繁殖する環境が出来てしまうことも臭いの原因の一つです。